Cura14.07がリリースされてた


Pocket

Curaがいつの間にかVer14.07までVerUpしていました。
VerUpするとともに、ざっと変更内容を見てみましたのでメモっておきます。

 

6月6日 – Cura14.06リリース

- Update driver for Windwos8.1

 Arduino USB Driverのバージョンアップ

- Added better raft support with surface layers and an air-gap. Special thanks to Gregoire Passault.

 ラフトサポートの改善?

- Improved outer surface quality on high detail prints.

 表面品質の改善

- fixed bug with multiple machines and different start/end GCode.

 バグ修正。内容は?Githubを見ると結構な数を修正している模様。

- Added install support for BitsFrom Bytes machines.

 Bits from Bytes製3Dプリンター用の設定追加

- Improved the Pronterface UI with buttons to set temperature and extrusion buttons.

Cura14.06

Pronterface UIでベッド、プリントヘッドの温度の設定と、Extruderを操作できるようになっていました。
この変更は結構利便性アップな気がします。

- Improved bridging detection.

 ?

 

7月3日 – Cura14.07リリース

- Added feature to configure the first layer to use wider print lines, for better adhesion to the printer bed.

 issue#769
 [Advanced]設定のQuality項目に”Initial layer line width(%)”が追加された。
 ベッドへより接着させるためセッティングが追加されたようです。
 まだ試してない・・・。

- Added all Printrbot printer variations.

 Add sub-section for printrbots
 Printrbots製プリンタに対応

あと、なにげにDebianパッケージ版もリリースされてるようなので、そのうちUbuntuにもインストールしてみたいと思います。
#プリントするときにいつもリブートしてたので、これはマジで嬉しい\(^o^)/

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>