Cura14.03にVerUp


Pocket

だいぶ前になりますが、2014/3/18にCura ver14.03がリリースされました。

詳しくはこちら→Ultimaker cura14.03

Cura起動時にVerUpの通知ダイアログが出るのでリリースされたことは知っていたんですが、Ver14.01もまだ使い慣れていない状態だったのでちょっとVerUpするのは見送ってました。

で、最近ようやくVer14.03にしたので使用感などを書いてみたいと思います。

 

変化点

Setting storage

変更前:設定はマシン共通の設定として保存される。
変更後:設定は使用するマシンごとに別々に保存される。

これにより、複数の3Dプリンターを使う場合にそれぞれの最適設定を保存しておくことができます。

 
⇒今のところPRN3Dしか所有していないので特に影響なし。

 

TweakAtZ plugin

TweakAtZプラグインが標準でインストールされるようになった。

TweakAtZ

<TweakAtZプラグインって?>
設定した積層の高さ(又は、レイヤーNo.)ごとに、下記設定を変更するためのプラグイン
・Speed
・Flow Rate
・Bed Temp
・Extruder 1 Temp
・Extruder 2 Temp
・Fan Speed

例えば、高さ5mmまでは速度ゆっくりで、上の方は速度を上げるとかできるようになるっぽい
(試してないです)

 
⇒今のところ使い所がわからない・・・
 標準搭載ってことは皆さん結構使ってるってことなんですよね・・・まだまだ勉強不足です

 

New Ultimaker 2 firmware

Ultimaker2用のファームウェアが新しくなった。
印刷中の一時停止ができるようになったし、ちょっとしたバグも修正されてるよ。

 
⇒関係ないっす

 

Additional changes in Cura

・LayerViewのレンダリング速度を改善
・LayerViewをスライシング時に更新するようにした
・印刷ダイアログを選択できるようにした(プラグインから、標準、PronterfaceUI)

プリンターUI

・サポート材の出力方法にGridを追加

サポートタイプ

・速度の設定項目に「Outer shell speed」「Inner shell speed」を追加
・Expert設定にZ-Hop機能を追加
・Expert設定にサポート材を入れる角度の設定を追加(例:60度以上傾いた物体の下にはサポート材を入れる)
・小さなバグを修正

 
⇒LayerViewの表示が速くなった点は単純にうれしい。Ver14.01と比較するとかなり速くなっている印象です。
 印刷ダイアログの変更についても、今までクリアランス調整はPronterfaceを使ってやっていたので、Cura上でそれができるようになったのは多少手間が省けて便利かな。
 そのほか設定できるようになった項目がいくつかありますが、使ってないのでよくわかりません(^_^;)

 

あとがき

ざっと変更された点に目を通してみましたが、使い勝手に関してはそんなに変わんないなという感じです。
#まぁ、マイナーバージョンアップですし当たり前ですが

いろいろ調整できる項目も追加されていますが、なんというか・・・高度過ぎて使いどころがわからない・・・(´Д` )

取り敢えずは印刷クオリティは気にせず、作りたいものじゃんじゃん作ろうと思います。

そうすれば、そのうち設定のこともわかるようになるのかな・・・。

以上です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>