3Dプリンター用PLA素材の熱耐性について


Pocket

卓上3Dプリンターでよく使用される素材として、PLA素材とABS素材があります。

それぞれの素材は↓とかに書いてあるような特徴を持つようです。

<参考>
3Dプリンターの素材について

さてさて、上記を見るとPLA素材は熱に弱いという特徴があるようなので、どの程度弱いのかというのをちょこっと調べてみました。

#といってもいろいろ検証した訳ではなく、本当にちょっとした実験です。

 

やったこと

PLA素材を使用して出力したスタンプ形状の印刷物を・・・90℃のお湯につける!

そして、
1.箸を刺そうとしてみる
2.曲げようとしてみる

たったこれだけす。(テキトーでなんかすいません)

印刷時の設定などは下記の通りです。
・Layer height:0.3mm
・Shell thickness:0.8mm
・Bottom/Top thickness:0.9mm
・Fill Density:20%

・印刷物の大きさ:16mm×9mm×16mm(幅×高×奥行き)

 

結果

1.箸は見事刺さりました。

PLA穴

印刷物上部に箸の尖ってる方を体重をかけて押し当てたら、写真の通り風穴が開いてしまいました。

 

2.人の力で歪みました。

箸が刺さる
PLA歪み

写真ではちょっとわかりづらいですが、元々平面だったスタンプ面が反ってしまいました。
小さな印刷物のため指の力もかけ辛かったのですが、力をかけ続けると徐々に曲がっていくという感じです。

以上。

 

あとがき

超テキトーな実験ですが、PLAが熱に弱いことがよく分かりました。
今までは、メインでPLAフィラメントを使用してきましたが、ABSも使ってみようかなと思わせる結果でした。

使い方によってはメリットにもデメリットにもなるPLAの特性ですが、個人的には熱に弱いのはデメリットが大きいかたという感想です。

もちろん、これは特性の一つであって、それぞれ素材の特性を理解して、印刷物に適した素材を選択することがベストなんですけど・・・まぁ、コストとのトレードオフですよね。

ではでは~。

 
 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>