Intel EdisonでSkypeを動かす


Pocket

久しぶりにEdisonを使って見ようかなということでやってみました。
タイトル通り、Edison上でSkypeを動かして、小型のテレプレゼンスロボット的なものを作ろうかなと思います。

小型テレビ電話システム
こんな感じで小型のテレビ電話システムがあるとよくないですか。

やり方

まず、結果から書くとできませんでした\(^o^)/
(正確には途中でめんどくさくなって諦めただけなので、がんばれば出来ると思います。)

当初の作戦としては、
1.Edisonに仮想デスクトップ(Xvfb)を入れる。※折角なのでリモートデスクトップ環境を構築
2.Skypeをインストールする。
3.オーディオ周りのモジュール追加(alsa)
4.自動起動スクリプトを書く。
という手順で進めるつもりでした。
 

1.仮想デスクトップをインストール

Skypeクライアントの設定などは基本GUI操作のようなので、まずは仮想デスクトップ環境をインストールします。
どうせ入れるならと言うことで、メインPCから操作し易いようにリモートデスクトップ環境を入れたいと思います。

・Jubilinuxのインストール

Yocto linuxだとデスクトップ関連のパッケージが標準ではopkgでインストール出来ないので、まずOSをDebianに変更します。
EdisonでDebianといえばemutexのubilinuxだと思うのですが、なんとEdison用ubilinuxが公開停止になっていました。
そこで、他にないか探してみたらこんなのがありました。
http://www.robinkirkman.com/jubilinux/

早速インストールしてみます。
インストール方法については、下記がとても参考になります。

Debian8 on Intel Edison 覚え書き

上記でも記載があるように、普通にflashall.shで書き込んでも起動しません。
一度、メンテナンスモードでログイン(初期パスワード:edison)して、/sbin/third-install.shを実行する必要があります。
その後、通常ログイン(メンテナンスモードのログインの際、Ctrl+D)したあと数回の再起動を経てログイン出来るようになりました。

・リモートデスクトップ環境のインストール

今回はコンパクトな構成にしたいので、
【VNCサーバ】tightVNC
【デスクトップ】fluxbox
を入れることにしました。どちらもapt-getで入れることができます。

apt-get install fluxbox tightvncserver

起動。初回起動時にパスワードを聞かれるので入力します。

vncserver :0

その後一旦終了。

vncserver -kill :0

xstartupにfluxboxを起動するように設定を追加。
・.vnc/xstartupの最後に追加。

...(省略)
fluxbox &

この後、他のPCからリモートデスクプット接続できれば完了です。

 

2.Skypeをインストール

下記ページからSkypeをインストールします。
https://www.skype.com/ja/download-skype/skype-for-computer/
今回はdebパッケージをダウンロードしてインストールしました。

dpkg -i skype-ubuntu-precise_4.3.0.37-1_i386.deb

edison_skype

おぉ!Edison上でskypeが起動できました。
後はWebカメラとUSBスピーカーを繋げば…

というところで問題発生!?
Webカメラをつないでも認識しない!!
lsmodで確認するとuvcvideoモジュールが入っていないよう(-_-;)
LogicoolのC270だし…認識しないとなるとそれしかないよね。
これはカーネルビルドが必要ってことかな?

ここまで

ということで、今回はここで諦めてしまいました。
こんなことならYocto Linuxのまま、リモートデスクトップ環境を入れる方法を考えた方がいいかも。

 
 

あとがき

今年もMashupAwardsの〆切が近づいてきました。
EdisonでSkypeもMAの応募作品を作ろうと挑戦したのですが失敗。
違うネタを考えます。
3年連続で参加中なので、今年もぜひなんか作って応募したいところ。
がんばるぞ!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>