TensorFlowを32bit-Ubuntuにインストールした時のメモ


Pocket

ほらディープラーニングって人工知能の第3次ブームで流行ってるらしいじゃないですか(・∀・)

という訳で!?最近TensorFlowを使って画像認識なんぞを嗜むようになりましたw

開発環境の構築方法などはこちらに詳しく載っています。
…が現在(2016/1)は64bitバイナリしか提供されていないようです。

32bitで使用する場合というと、どうやらソースコードからインストールするしか無い模様。
stackoverflow – TensorFlow on 32-bit Linux?

ということで、32bit UbuntuにTensorFlowをソースコードからインストールする方法です。

<環境>
Ubuntu 14.04 LTS(32bit)
python 2.7
TensorFlow 0.6.0 (CPU only)

追記:TensorFlow 0.9.0をインストールする場合はBazel0.2.0で出来た…けど、mnistがコアダンプで落ちる…

インストール方法

ソースコードからインストール方法はこちらに詳しく載っています。

簡単に手順を書くと下記の通りです。
 
1.Bazel(ver0.1.1)のGitリポジトリをClone

git clone https://github.com/bazelbuild/bazel.git

2.Bazelのcompile.shを実行

cd bazel
git checkout tags/0.1.0
./compile.sh

3.TensorFlowのGitリポジトリをClone

git clone --recurse-submodules https://github.com/tensorflow/tensorflow

4.TensorFlowのconfigureを実行

#関連パッケージのインストール
sudo apt-get install python-numpy swig python-dev

cd tensorflow
./configure (GPUサポートなしを選択)

5.bazelを使ってTensorFlowのpip_packageをビルド

bazel build -c opt //tensorflow/tools/pip_package:build_pip_package
bazel-bin/tensorflow/tools/pip_package/build_pip_package /tmp/tensorflow_pkg

6.ビルドしたpackageをpipを使ってインストール

sudo pip install /tmp/tensorflow_pkg/tensorflow-0.6.0-cp27-none-linux_i686.whl

詳しい手順や操作などは下記が参考になります。
TensorFlow – Installing_from sources
Building TensorFlow for Jetson TK1

 
この後、サンプルが動けばインストール成功です。

cd tensorflow/models/image/mnist
python convolutional.py

以降はつまずいた箇所のメモです。
 

bazelが実行形式エラーとなる場合

[原因]インストール時に上手くリンクが張られなかったようです。
bazel error

[対策]ビルドしたバイナリはbazel/output/bazelにできるので適切な場所に移動する。
 

サンプル実行時にTypeError:metaclass conflictエラーが出る場合

[原因]
TensorFlow Error

[対策]protobufを再インストールすると直りました。
<参考>
https://github.com/tensorflow/tensorflow/issues/487

sudo pip uninstall protobuf
sudo pip install protobuf==3.0.0a3
sudo pip uninstall tensorflow
sudo pip install /tmp/tensorflow_pkg/tensorflow-0.6.0-cp27-none-linux_i686.whl

 

以上です。
 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>